第11章 李泰鎮の最期

NAVER総督府史料本廠刊
平成17年9月16日

朝鮮テロとhermethの戦線離脱

 バファリン作戦における決戦が近づいた3月某日、総督府は米国において行動中のhermethから緊急電「ワレ、不調ニヨリ作戦継続困難、入渠ヲ許可サレタシ」を受領した。hermethは李泰鎮に対して投下する「総合体4型E」開発中の2月15日、朝鮮人による攻撃を受けていた。

不逞鮮人がテロ決行前に食したと思われる弁当。そのままの姿で放置されていた。

 この不逞鮮人は速やかに総督府と同盟関係にある女性兵士により討伐されたが、NAVERには直接関係はないものの、韓国の妄想教育を受けており、その行動にはNAVER韓国人と一脈通じる物があったと言われている。

 その後、hermethはそれを押して「総合体4型E-AL」を完成させ、引き続き「総合体4型E-HE」の作成に携わっていたが、数度に渡る作戦行動による過労のため体力の限界に達しつつあった。総督府は経緯等を考慮した上でこれを公傷に認定、休養を許可した。このhermethの戦線離脱により、総督府は米本土からの韓国本土攻撃能力が大幅に低下した。

李泰鎮の最期

 総督府は、3月21日までに李泰鎮の全回答の分析を終了、3月24日を期して、李泰鎮の解答書に対する反論を行った。これは、李泰鎮に対し、回答文の嘘を指摘する文書を送付するとともに、NAVER上において李泰鎮の回答を晒し、1スレで1つずつ李泰鎮の嘘を暴くものであった。この作戦で総督府は「hermeth事件の報復として、朝鮮人にいかなる慈悲も与えず、助命嘆願も受け入れない」という方針を定めた。
 3月24日午前零時、カルチャー板において爆撃が開始され、総督府は全スレを李泰鎮に向け発射した。この攻撃で李泰鎮は反論魚雷12発を受け、大きく傾斜した。韓国側はzzda245monkeybloodyumipopが李泰鎮を護衛しようと、総督府スレに迎撃行動を仕掛けたが、総督府爆撃隊の高度に到達できず、無駄に低空を徘徊するのみであり、これもvip隊を中心とする直掩隊に蹂躙された。決定的なダメージを受けた李泰鎮を守る術はもはや韓国側に残されておらず、総員退スレが命じられた。ここに李泰鎮の反撃「キム水1号作戦」は失敗に終わり、その回答文は総督府の戦利品として鹵獲された。

大きく傾く韓国権威、最期の姿。

第10章 李泰鎮出撃 に戻る          第12章 焼け跡のNAVER に続く

添付ファイル: filebentou.jpg 225件 [詳細] fileyi-tae-jin-1.jpg 220件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-29 (木) 21:21:07 (4251d)