用語解説-hitkot

hitkot.jpg

hitkot(2004〜)

 かの名スレ、「統一した時、必要なもの」を作った、「NAVERの関羽」とも運動会の騎馬戦で婦警さんを専門に狩る「グラウンドの高句麗鉄甲騎兵」とも「校庭のリチャード・ボング」とも異名をとる論客。人気ブログ「日刊hitkot」運営者。日刊hitkotは、創刊直後にネタ切れを起こして休刊したと言われる。近年は朝鮮軍の衰退により活躍の場が狭まったため、その豊富な知識と技量をもてあまし、しばしば暇つぶしにzeongやdreamtaleを襲撃する油断ならない存在となっている。信条は「ネタになればkimuraお兄さんの髪でも抜く」
公認撃墜数 韓国人58騎、婦警4騎

寧覇翻弄拳


グラウンドで活躍するhitkot

寧覇2号墳石室で発見されたhitkot族の狩猟の様子(部分)

過去ログリスト


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-27 (金) 19:42:05 (4434d)